2015年09月08日

FF14 10

アフガニスタンでソ連兵の収穫に勤しんでいる方のRainです。
シナリオがすすまねぇわ!

さて、MGSもやってますがFFです。
リヴァイアサンを討伐して、2.3へ突入。今度はグリダニアへ飛びます。
シルフ族のお話。以前の物語では登場しなかったラムウが、どうやら降りてくるらしい。
比較的温厚な蛮神で、人との対話で問題を切り抜けてきたが、どうやらそれも限界に来てると言う事か。

とりあえず、シルフ領へ。そう言えば時折Lv20とかの人が迷い込んでるのを見かけますが、
これもシルフの悪戯によるものなんだろうか。
そんなわけで早速悪戯に遭います。仲間に化けて何かをやろうとしてる模様。
厄介ですな。
ff14_39.png
まぁ、こんなイダちゃんとか見れるので、面白かったりする。意外と似合ってる。

シルフ領は幻想的な雰囲気の場所で、中々魅力的な場所。
バトルメイジ装備とか魔術系の装備で立ってると似合いそうですな。意外なコスプレ背景要素ですぞ。
さて、テンパード化したシルフの猛攻をくぐり、最奥に到達。
一筋の雷と共にラムウちゃまが降臨でございます。
ff14_40.png
でけぇ!

相変らず蛮神はでかい。穏やかな口調で語りだすラムウなので、対話を試みるもののどうやら既に遅し。
シルフ側に立ち、人に対しては落胆の模様。いやー、やっぱダメっすかね。あんましやりあいたくないなー。
ff14_42.png

何と言うか、今までと違ってラムウの話は物悲しい。
スタンスは今まで同様、それぞれの種族の願いを叶える為なんだけど、
アプローチが大分やさしい。グリダニアのカヌ・エ様の考え方もあったのかもしれないけど、
敵として出会いたくない話の展開だね。

そうは言っても、もう戦闘するしかない。雷を使用した少し変わったギミックがあるものの、
言って真蛮神戦。一撃死のフラグもササッと潰せるし、まだまだ緩い方でクリア。
一発派手なのをもらって倒れたけど。よく見ておかないとねぇ。
2.3はあとはお使いなので、これでクリア。次から2.4!

ff14_41.png
で、誰かね君たちは?
【関連する記事】
posted by V.Rain at 18:44| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック