2015年09月17日

FF14 11

アフガンからアフリカに飛び、エオルゼアに着地した方のRainです。
やー、久しぶりに戻ってきたら楽しくて仕方ない。

さて、2.4です。今度は北の地域、クルザスがメインの模様。
ウルダハでもキナ臭い話がずっと続いてるけど、これどうなるんやろう・・。
今までお前らの相手はしてられない、だって忙しいからな!とか言ってたイシュガルドの人達が登場。
種族は何になるんだろう。美男美女ですよ。
なんだー、私みたいなのはいてはならない条例的なのがあるのか?

それはさておき、クルザスでも何やら裏で動いてる者がいるとのこと。
どうやらそれはシヴァが関係してるとか。ようやく名前が出ましたな。
イフリート、ラムウ、タイタンと歴代の召喚獣の名前が挙がってきて、ようやく登場。
そうか、だから雪の国であるここなのか。

何かしらの種族がいるのかと思いきや、今回は裏で動いてる勢力が降ろそうとしているとか。
今回は人と人なのか。愚かなものです。蛮神も人の願いを叶えてくれるんだろうか。
途中ダンジョンであるスノークローク大氷壁へ。人気がないのか平均待機時間8分の所、60分強待つ事に。
ここは知り合いと行った方がスムーズだと思いますな。
そんな中、勢力のリーダー、イゼルとご対面。驚いた事に自分の身体を使ってシヴァを降ろす。
ff14_44.png
そんなんありかよ

シヴァ戦。今回も曲がいい。どこか物悲しいコーラス曲で始まり、当然ながら氷の攻撃をしてくる。
ストーンヴィジルのようなイメージだろうか。割と分かりやすい。増援部隊は範囲攻撃も使って即倒す。
その後やはり使ってくる、ダイヤモンドダスト。しばらくは氷の彫像をご覧ください。
ここから一気に曲が変わる。ってか変わりすぎとも言う。イゼルとシヴァの違いなのか?
手数も増え変わったギミックが。床が滑るのだ。動かないで戦うと言う今まで体験した事ないギミック。
動くと滑ってそのまま外のダメージゾーンへ。これが中々慣れない。困ったもんだ。
それでも真蛮神戦。割とさっくり倒してエピローグ。とりあえず倒れる事はなく、次は2.5!

そう言えば、この間にお祭がありました。その時にもらえたのが、イゼルのマメット。
中々タイミングが良かった。ちゃんとポーズも取ってくれる。可愛いね。
ff14_45.png
【関連する記事】
posted by V.Rain at 02:57| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック