2015年11月10日

FF14 14

ff14_50.png
どのような話にも、始まりがあり、そして終わりがある。

11/8、FF14 Patch3.0
蒼天のイシュガルドクリアしました!!
Patch3.1が来るのが、11/10。9日にスパートでOKじゃないかと思ってたが、
9日はまるまるメンテの日。よく考えたらそうだ、そりゃそうだわ。
ってことで、8日までにガッツリ進めて間に合わせる事に。
FCの人たちも手伝ってくれて、無事最後のクエストもクリアしました。
ff14_51.png

始めたのが、蒼天のイシュガルドが出た時期なので、約4ヶ月半。
ff14_1.jpg
メインクエを追っかけてきたので、ハイレベルダンジョンとか全くやってませんが、
それでも最後まで何とかこれるんだから、ある程度新規の人たちに対して、入りやすくなってるのだなぁと。
そして、ここからエンドコンテンツとなった今、どう頑張っても装備が弱い。
大きく進むためには、ダンジョンに篭って、装備を集める必要があるという。
いいバランスな気がします。
3.0は話がイイと言う噂だけを聞いてやってましたが、確かにわかりやすかったように思います。
イシュガルドと言う一つの地域に絞って、竜詩戦争と言う題材。
光の戦士に集まる人たちがどうしたいか、それがはっきりしてて面白かったです。
気になる方は、是非やってみよう。色々言われてるけど、面白いMMOですよ、FF14は。

さて、いよいよ3.1。この後のイシュガルドは、光の戦士はどうなるのか。
非常に楽しみ!最後に見えた、光の戦士の異様な姿。アレには意味があるのか。
1000年にも及ぶ竜詩戦争のこれからはどうなるのか。
早く先が知りたくてならない。ってかむしろ装備集めしたい!(メンテ中も溢れる法典集めたい欲が
さぁ、メンテの後、サーバーが開くのを待ってるぞ!!
ff14_49.png
【関連する記事】
posted by V.Rain at 08:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

FF14 13

太陽系からエオルゼアへ行ったり来たりRainです。

FF14、イシュガルド編もLv55、折り返しと言った所かな?
イシュガルドはドラゴンと竜騎士の戦いが行われている話。
偶然にも竜騎士で進めてるので、話のシンクロ具合が非常に面白い。
ジョブクエで知り合ったキャラのまた違った一面が見れたり、イシュガルドの悩ましい一面を見たり。

そんな事をしていたら、FCで個人部屋を作ったのでお誘いいただいた。
ハウジングの一つの要素として個人部屋がある。共用部分とは違って、こちらの方が個人の趣味が出せて面白い。
今の所、メインクエ進めたり、クラフター上げたりしたいので私はしばらくお預け状態。
そのうち、自分の部屋を持ちたいね。色々やってみたい。
人の部屋の本棚で勝手に本を読み出す人。そういや、えっちな本とかないんですかねエオルゼア。
ff14_48.png
SS取る環境とかつくるのも面白いかもしれない。
posted by V.Rain at 12:49| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

Destiny

今年はどこに紅葉を見に行こうかとぶらり出かけるはずが、まだ1ヶ月先だと言う事に気がついた方のRainです。
時空が歪んだか!

さて、最近Destinyをずっとやっています。
かつて、Haloを開発したバンジーとCoDで知られるアクティビジョンのタッグで、
10年遊べる大作といわれて登場した本作品。
ふたを開けて見れば、サクッとやれるが分かり難いストーリー、必要となる装備の出なさ、
最終的な高難易度のレイドをやってしまった後のどうしたら良いの感で色々物議を醸し出していました。
まさに(クルーシブルだけとは言ってないが)慈悲など存在しない。
そんなわけで、DLCが出ても手を出す事はないだろうと思ってましたが、ここ最近の大型DLCで復帰してみました。
レベルキャップの増加、ミッションの増加等もあり、中々楽しんでます(10年持つかはこれから次第だけどさ)
何より、初期版ではほとんど見かけなかったレジェンダリー以上が割と見かける。
もちろんレベルがあがれば、ですけども。
エキゾチックにいたっては、レイドからの直接ドロップだけなんじゃと言うレベルだったのに、
エングラムもみかけるように。生きとったんか!ワレ!

相変らずクルーシブルでトップを取っても、報酬が合わないと言う事はあるそうだけど、
それは仕方ない。慈悲など存在しないからね。
気軽にCoopやるならお勧めかもしれない、一緒にやれる人がいるとなおよしなのは言うまでもないけど。
これから、色々と楽しみなゲーム出てくるけど10年選手となれるように、手を加えていって欲しいもんですな。

posted by V.Rain at 12:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

FF14 12

太陽系の平和を守りに行っていたら間が空いた。Rainです。

さて、そんなこんなで1週間ほど前にイシュガルドに辿り着いてました!
いぇーい。
そんなわけで、そこまでのお話。
まずは黙約の塔。イシュガルドからちょっと見張っててよと投げられた事案でした。
スノークロークと違って、割と早くにCFでマッチング。ありがたい。
道中や中ボスのギミックなんかも面白く、ワイワイやってました。
DPSはきっちり周り見て、しっかり攻撃を入れていくと言った感じ。
ff14_46.png
ラストのミドガルズオルムも、中々見慣れぬギミック。
メインをひたすら追ってたので、途中他のダンジョンとか行ってたら、あーアレにそっくりとかだったのかもしれない。

その後は最終、イシュガルド防衛戦
これは、別ゲーではないだろうか。もうアレ。
なんてこった!Final Fantasyをやっていると思ったら、
Final Hunter Gだったのだ!
見るとやるとでは勝手が違うと言う事を思い知らされる戦い。
一度は失敗するものの、2度目に撃破。
そして・・・・
ff14_47.png
我々はやってきたぞ!イシュガルド!Ver3.0!!

そんなわけで辿り着きました。ちょろっとずつやっていますが、クエストの音楽が変わったりでよろしい。
色々やりつつだったけど、3ヶ月ほどでイシュガルドに到達です。
一応ムービーなどは飛ばさず、全部物語を見てきてます。さっさと来たいからってことで、飛ばす人も多いかと思いますが、
これは見とけ
しっかりした面白いストーリーだし、後で宿屋で見直すでいいから見よう。色んな見え方がしてくるぞい
posted by V.Rain at 18:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

FF14 11

アフガンからアフリカに飛び、エオルゼアに着地した方のRainです。
やー、久しぶりに戻ってきたら楽しくて仕方ない。

さて、2.4です。今度は北の地域、クルザスがメインの模様。
ウルダハでもキナ臭い話がずっと続いてるけど、これどうなるんやろう・・。
今までお前らの相手はしてられない、だって忙しいからな!とか言ってたイシュガルドの人達が登場。
種族は何になるんだろう。美男美女ですよ。
なんだー、私みたいなのはいてはならない条例的なのがあるのか?

それはさておき、クルザスでも何やら裏で動いてる者がいるとのこと。
どうやらそれはシヴァが関係してるとか。ようやく名前が出ましたな。
イフリート、ラムウ、タイタンと歴代の召喚獣の名前が挙がってきて、ようやく登場。
そうか、だから雪の国であるここなのか。

何かしらの種族がいるのかと思いきや、今回は裏で動いてる勢力が降ろそうとしているとか。
今回は人と人なのか。愚かなものです。蛮神も人の願いを叶えてくれるんだろうか。
途中ダンジョンであるスノークローク大氷壁へ。人気がないのか平均待機時間8分の所、60分強待つ事に。
ここは知り合いと行った方がスムーズだと思いますな。
そんな中、勢力のリーダー、イゼルとご対面。驚いた事に自分の身体を使ってシヴァを降ろす。
ff14_44.png
そんなんありかよ

シヴァ戦。今回も曲がいい。どこか物悲しいコーラス曲で始まり、当然ながら氷の攻撃をしてくる。
ストーンヴィジルのようなイメージだろうか。割と分かりやすい。増援部隊は範囲攻撃も使って即倒す。
その後やはり使ってくる、ダイヤモンドダスト。しばらくは氷の彫像をご覧ください。
ここから一気に曲が変わる。ってか変わりすぎとも言う。イゼルとシヴァの違いなのか?
手数も増え変わったギミックが。床が滑るのだ。動かないで戦うと言う今まで体験した事ないギミック。
動くと滑ってそのまま外のダメージゾーンへ。これが中々慣れない。困ったもんだ。
それでも真蛮神戦。割とさっくり倒してエピローグ。とりあえず倒れる事はなく、次は2.5!

そう言えば、この間にお祭がありました。その時にもらえたのが、イゼルのマメット。
中々タイミングが良かった。ちゃんとポーズも取ってくれる。可愛いね。
ff14_45.png
posted by V.Rain at 02:57| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする