2015年09月17日

FF14 11

アフガンからアフリカに飛び、エオルゼアに着地した方のRainです。
やー、久しぶりに戻ってきたら楽しくて仕方ない。

さて、2.4です。今度は北の地域、クルザスがメインの模様。
ウルダハでもキナ臭い話がずっと続いてるけど、これどうなるんやろう・・。
今までお前らの相手はしてられない、だって忙しいからな!とか言ってたイシュガルドの人達が登場。
種族は何になるんだろう。美男美女ですよ。
なんだー、私みたいなのはいてはならない条例的なのがあるのか?

それはさておき、クルザスでも何やら裏で動いてる者がいるとのこと。
どうやらそれはシヴァが関係してるとか。ようやく名前が出ましたな。
イフリート、ラムウ、タイタンと歴代の召喚獣の名前が挙がってきて、ようやく登場。
そうか、だから雪の国であるここなのか。

何かしらの種族がいるのかと思いきや、今回は裏で動いてる勢力が降ろそうとしているとか。
今回は人と人なのか。愚かなものです。蛮神も人の願いを叶えてくれるんだろうか。
途中ダンジョンであるスノークローク大氷壁へ。人気がないのか平均待機時間8分の所、60分強待つ事に。
ここは知り合いと行った方がスムーズだと思いますな。
そんな中、勢力のリーダー、イゼルとご対面。驚いた事に自分の身体を使ってシヴァを降ろす。
ff14_44.png
そんなんありかよ

シヴァ戦。今回も曲がいい。どこか物悲しいコーラス曲で始まり、当然ながら氷の攻撃をしてくる。
ストーンヴィジルのようなイメージだろうか。割と分かりやすい。増援部隊は範囲攻撃も使って即倒す。
その後やはり使ってくる、ダイヤモンドダスト。しばらくは氷の彫像をご覧ください。
ここから一気に曲が変わる。ってか変わりすぎとも言う。イゼルとシヴァの違いなのか?
手数も増え変わったギミックが。床が滑るのだ。動かないで戦うと言う今まで体験した事ないギミック。
動くと滑ってそのまま外のダメージゾーンへ。これが中々慣れない。困ったもんだ。
それでも真蛮神戦。割とさっくり倒してエピローグ。とりあえず倒れる事はなく、次は2.5!

そう言えば、この間にお祭がありました。その時にもらえたのが、イゼルのマメット。
中々タイミングが良かった。ちゃんとポーズも取ってくれる。可愛いね。
ff14_45.png
【関連する記事】
posted by V.Rain at 02:57| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

FF14 10

アフガニスタンでソ連兵の収穫に勤しんでいる方のRainです。
シナリオがすすまねぇわ!

さて、MGSもやってますがFFです。
リヴァイアサンを討伐して、2.3へ突入。今度はグリダニアへ飛びます。
シルフ族のお話。以前の物語では登場しなかったラムウが、どうやら降りてくるらしい。
比較的温厚な蛮神で、人との対話で問題を切り抜けてきたが、どうやらそれも限界に来てると言う事か。

とりあえず、シルフ領へ。そう言えば時折Lv20とかの人が迷い込んでるのを見かけますが、
これもシルフの悪戯によるものなんだろうか。
そんなわけで早速悪戯に遭います。仲間に化けて何かをやろうとしてる模様。
厄介ですな。
ff14_39.png
まぁ、こんなイダちゃんとか見れるので、面白かったりする。意外と似合ってる。

シルフ領は幻想的な雰囲気の場所で、中々魅力的な場所。
バトルメイジ装備とか魔術系の装備で立ってると似合いそうですな。意外なコスプレ背景要素ですぞ。
さて、テンパード化したシルフの猛攻をくぐり、最奥に到達。
一筋の雷と共にラムウちゃまが降臨でございます。
ff14_40.png
でけぇ!

相変らず蛮神はでかい。穏やかな口調で語りだすラムウなので、対話を試みるもののどうやら既に遅し。
シルフ側に立ち、人に対しては落胆の模様。いやー、やっぱダメっすかね。あんましやりあいたくないなー。
ff14_42.png

何と言うか、今までと違ってラムウの話は物悲しい。
スタンスは今まで同様、それぞれの種族の願いを叶える為なんだけど、
アプローチが大分やさしい。グリダニアのカヌ・エ様の考え方もあったのかもしれないけど、
敵として出会いたくない話の展開だね。

そうは言っても、もう戦闘するしかない。雷を使用した少し変わったギミックがあるものの、
言って真蛮神戦。一撃死のフラグもササッと潰せるし、まだまだ緩い方でクリア。
一発派手なのをもらって倒れたけど。よく見ておかないとねぇ。
2.3はあとはお使いなので、これでクリア。次から2.4!

ff14_41.png
で、誰かね君たちは?
posted by V.Rain at 18:44| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

FF14 9

PCが不調で悩ましい方のRainです。困ったもんだ。
さて、FF14。木工をせっせこ上げており、ようやく25。まだ中間地点、先は長い。
メインも進めております。2.2に入っており、新しい蛮神リヴァイアサンが登場。
その神降ろしの状態を確認するために、色々調査(お使い)を開始。
ff14_31.jpg
こんなコスプレをやってるヤ・シュトラちゃんを見れるのは今だけ!(かもしれない)

今回は、リヴァイアサンと言う事で海の蛮族であるサハギン族がやっているとのこと。
早速乗り込んでいくと、待ってましたと言わんばかりに出てくる出てくる。
ff14_32.jpg
サンクレッドの兄ちゃんがここで活躍!なんや、やるやないか!もっとヘタれかと思ったで!
神降ろしを防ごうとするものの、間一髪間に合わず登場してしまう蛮神。

でかい

今までも幻獣王と呼ばれたり、船襲ったりしてたからそりゃでかい。今回もスケールそのままに大海原へ。
街に戻り出た対策は、

海上で戦う

舞台を作り上げ、その上でリヴァイアサンと対峙すると言う、中々ぶっ飛んだ内容。
船が出るまでの間、提督殿と小粋なトーク。
ff14_34.jpg
こうやって見ると、でかいなぁ。色々と。
そんなこんなで、出航。
ff14_37.jpg
まずは、舞台を引っ張ってリヴァイアサンに近づく。これまたでかい。
船で大砲やら撃ってみるが、当然のごとく効かない。後は冒険者に任せるしかないとなり、相対することに。

ff14_38.jpg
もうヤル気満々です。怖いわねぇ。
さて、ここで言うのもなんですが、今までの蛮神と違いリヴァイアサンからは、
真リヴァイアサン討滅戦
真です。Hard modeです。と言っても、次の極蛮神戦への通過点に過ぎないらしい。
そのうち行くことになるでしょう。

気をつけるポイントは、水中にもぐった時。出てくる場所を水柱で確認して攻撃を避ける。
途中で出てくるサハギンは即倒す。黄色いスライム状の物もさっさと壊す。
一撃死を防ぐための装置をタイミングよくON!結構早めに入れてたけど、何とかなるもんらしい。
序盤は太鼓と鈴の厳かな曲だったが、ここから後半戦。一気に曲調が変わる。
言っても真蛮神戦だと特に何も変わらず殴ればいいらしい。
あくまで、リヴァイアサンの基本攻撃を学ぶって具合のようだ。
そんなこんなで、割とさっくりクリア。どうやらこれで2.3に入っていくらしい。
次の蛮神はなんじゃろか。どんな話になるじゃろか。楽しみやねー

posted by V.Rain at 21:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

FF14 8

FPS欲が湧いてきた方のRainです。
FF14、2.0の内容をクリアしてようやく2.1を終わらせました。
間が空いてたのは、CS:GOとかやってたからですな。なんだかやりたくなってしまってな。

そんなわけで2.1。今回は蛮神ではないもののそれに該当するボス、モグル・モグXII世。
モーグリの王様が、子分を引き連れてやってくると言う話らしい。
当然ながら、子分を如何に上手く倒していくかが重要。
冒険者と同じくそれぞれジョブがあり、攻撃の痛い奴から倒すのが筋。
とにかく、CFを開放しに仲間のモーグリに案内させます。
途中イベントなどをこなし、現れるポイントに到着。
ff14_29.jpg

後は任せた!といなくなるモーグリ。君らの仲間ちゃうんかいな。
早速CFを選択するものの、この内容人気がないのか、30分近く揃わず。
あと一人!となったら、時間の掛かりすぎて抜けて行ったりと、中々上手くいかんもんです。

まずはそれぞれ出てくる子分モーグリを順番に倒していく。
その後、王様登場。タンクの人が請け負って離す。その間に、子分を全滅させる。
黒は範囲攻撃が痛いので、まず倒していく。その後は白、回復が面倒。
次に詩人、補助魔法で強くするため。その後はナイトらしい。tauntが面倒ってことかな。
そして、弓、シーフ、斧なんだそうな。
結果としては、黒、白、詩人まではさっさとできたけど、そこから先は割と適当だった。
斧の範囲攻撃が超痛いと聞いてたので避けようとしたら、ナイトで引き寄せられて焦った焦った。
割とあっさりクリア。
後はイベントやら、お使いやら済ませて、2.1は終了。次から2.2!

さて、他にも色々やっています。装備はかなりいいものを持ってるものの、武器がいまいちパッとしない。
そんなわけで、レリック製作クエストを始めてみる事に。
レリックとは、ジョブ専用の武器だそうな。なんか伝説の鍛冶屋とかがいるそうで、話に行ったらこんな感じ。
ff14_27.jpg
どうやら、竜騎士はゲイボルグだそうで。なるほど、何か材料になる槍がいるんやな。
どこで取れるんやろう。難易度高いダンジョンかね。とりあえず調べてみましょう。
チャンピオンランス

ん・・?
ff14_30.jpg

木工50の製作武器・・・だ・・と・・?
そう、ダンジョンで拾うのではなかったのだ。製作せねばならんのである。
さて、ここで通常ならば誰かが作っていて、マーケットに出てるはずだ、それを探して使おう!と言うものなのだろう。
だが、私はこう思った。

作ろうではないか!この槍から!
全く持って時間も掛かる面倒なことを、最初はやってみようと。
まずは木工50。これをちまちまとやっていこう。メインの合間とか、疲れた時にでも上げていこう。
そして、レリックを手にしようではないか。楽しみが増えたぞー!出来上がるのも楽しみだ



posted by V.Rain at 03:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

FF14 7

夏です。暑くてダレている方のRainです。
帝国との決戦に向けて、まずは部下のリットアティンという奴を倒しに行きます。
一番重装備っぽい奴なわけですが、味方が強すぎて何が起きてるか分からんうちに終わってました。

光の物量作戦

ここで私は学ぶべきだったのだ。このレベル帯にくれば、初見でCFだとよくわからないで終わるのだと。
そして、敵の基地カストルム・メリディアヌムに向かう。
終盤であるがゆえに、ムービーの数が多いのだが、どうやらCFでは
ここはタンクがまとめてどんどん進むスタイルが流行ってるらしい。
つまり、ムービーなんて見てられないのである。見てたら誰もいないのである。
初見でゆっくり行きたいとか、ダンジョンの内容を知りたいと言う事であれば、
PT募集か知り合いといくべきですな。ムービーなら割り切って後で宿屋で見れるけども。

そんなこんなで、カストルム・メリディアヌム。
よくわからないなりに、範囲攻撃をかまして進んでいく。
ff14_20.jpg
いきなり何故かシドが世紀末化。なんだか楽しそうである。

あと、敵が乗ってたんだけど、白い魔導アーマーもいいやね。こう言うカスタムも出来るといいなぁ。
ff14_21.jpg
帝国の(白いけど)紅一点のリウィアを(よくわからんうちに)倒して、いよいよ最終戦へ。

私は遂に学んだ。FCのメンバーにお願いしようと。ムービー見ながら進める為に!
アルテマウェポンのお手伝いをお願いいたします。と言う事で集まってもらいました。
アイテムそろえたりしたいはずなのに、優しいなぁ。
早速スタート。途中魔導アーマーに乗ってテンションが高まる。
これよこれ!しかし、8人乗ってるだけで強すぎないか?何?これ量産してるんやろ、帝国。
ビグザム量産したら勝てると言ってた人がいたんだけど、これ帝国勝てるやろ。使い切れんのか、帝国。

しかし、流石は帝国。最奥の前に強固な壁が。ここで魔導アーマーのフルパワーをぶつける。
以前もシドがやっていたが、フルパワーを撃てばこいつは動けなくなる。
ff14_24.jpg

それでもやるしかない。この為にこいつは存在していた!やったんぞー!!
ff14_25.jpg

最奥にたどり着いたら、遂にあいつが姿を現す。
3体の蛮神を倒し、力を取り込んだ究極の兵器。

アルテマウェポン!!!
ff14_26.jpg
でけぇ!並んだからわかるけど、デカイ。そりゃそうか、蛮神よりでかかった覚えあるもんなぁ。
まずは、蛮神の能力を使ってくる。なんだか懐かしい感じもする。
範囲攻撃をかいくぐり倒したと思ったら、眠ってる力を呼び覚ましてやろうとアルテマの封印を解きだす。

余計な事しやがって!
第2戦が始まり、不可視の攻撃やら、ビットによる攻撃やらをしてくる。
ダンジョンのボスの攻撃を覚えてたら、この辺似てるからやりやすいのかもしれないな。
それにしても、ビットでこの攻撃って、君はサイコガンダムMk2かね(リフレクタービット)
ビットの攻撃を避けつつ、邪魔なので潰しつつ、ちまちまとアルテマウェポンに攻撃。
その内に動きが止まり、アルテマ発射体制に。やっぱりあった、一撃死の攻撃!
撃たれたらアウト、全員でぶん殴る。もう回復もいらない。相手はノーガード戦法なのである。
タンクもヒーラーも、もちろんアタッカーも、全員の攻撃を与え続けた結果。

我々は勝ったのである。最後にようわからんおっさん相手にしたけど
世界の平和を守ったのだ。その後、中々長いスタッフロールやらを見て、FF14 2.0終了。
しかし、今は3.0。まだまだ続く。やってくぞー!
posted by V.Rain at 14:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする