2015年08月21日

FF14 8

FPS欲が湧いてきた方のRainです。
FF14、2.0の内容をクリアしてようやく2.1を終わらせました。
間が空いてたのは、CS:GOとかやってたからですな。なんだかやりたくなってしまってな。

そんなわけで2.1。今回は蛮神ではないもののそれに該当するボス、モグル・モグXII世。
モーグリの王様が、子分を引き連れてやってくると言う話らしい。
当然ながら、子分を如何に上手く倒していくかが重要。
冒険者と同じくそれぞれジョブがあり、攻撃の痛い奴から倒すのが筋。
とにかく、CFを開放しに仲間のモーグリに案内させます。
途中イベントなどをこなし、現れるポイントに到着。
ff14_29.jpg

後は任せた!といなくなるモーグリ。君らの仲間ちゃうんかいな。
早速CFを選択するものの、この内容人気がないのか、30分近く揃わず。
あと一人!となったら、時間の掛かりすぎて抜けて行ったりと、中々上手くいかんもんです。

まずはそれぞれ出てくる子分モーグリを順番に倒していく。
その後、王様登場。タンクの人が請け負って離す。その間に、子分を全滅させる。
黒は範囲攻撃が痛いので、まず倒していく。その後は白、回復が面倒。
次に詩人、補助魔法で強くするため。その後はナイトらしい。tauntが面倒ってことかな。
そして、弓、シーフ、斧なんだそうな。
結果としては、黒、白、詩人まではさっさとできたけど、そこから先は割と適当だった。
斧の範囲攻撃が超痛いと聞いてたので避けようとしたら、ナイトで引き寄せられて焦った焦った。
割とあっさりクリア。
後はイベントやら、お使いやら済ませて、2.1は終了。次から2.2!

さて、他にも色々やっています。装備はかなりいいものを持ってるものの、武器がいまいちパッとしない。
そんなわけで、レリック製作クエストを始めてみる事に。
レリックとは、ジョブ専用の武器だそうな。なんか伝説の鍛冶屋とかがいるそうで、話に行ったらこんな感じ。
ff14_27.jpg
どうやら、竜騎士はゲイボルグだそうで。なるほど、何か材料になる槍がいるんやな。
どこで取れるんやろう。難易度高いダンジョンかね。とりあえず調べてみましょう。
チャンピオンランス

ん・・?
ff14_30.jpg

木工50の製作武器・・・だ・・と・・?
そう、ダンジョンで拾うのではなかったのだ。製作せねばならんのである。
さて、ここで通常ならば誰かが作っていて、マーケットに出てるはずだ、それを探して使おう!と言うものなのだろう。
だが、私はこう思った。

作ろうではないか!この槍から!
全く持って時間も掛かる面倒なことを、最初はやってみようと。
まずは木工50。これをちまちまとやっていこう。メインの合間とか、疲れた時にでも上げていこう。
そして、レリックを手にしようではないか。楽しみが増えたぞー!出来上がるのも楽しみだ



【関連する記事】
posted by V.Rain at 03:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

FF14 7

夏です。暑くてダレている方のRainです。
帝国との決戦に向けて、まずは部下のリットアティンという奴を倒しに行きます。
一番重装備っぽい奴なわけですが、味方が強すぎて何が起きてるか分からんうちに終わってました。

光の物量作戦

ここで私は学ぶべきだったのだ。このレベル帯にくれば、初見でCFだとよくわからないで終わるのだと。
そして、敵の基地カストルム・メリディアヌムに向かう。
終盤であるがゆえに、ムービーの数が多いのだが、どうやらCFでは
ここはタンクがまとめてどんどん進むスタイルが流行ってるらしい。
つまり、ムービーなんて見てられないのである。見てたら誰もいないのである。
初見でゆっくり行きたいとか、ダンジョンの内容を知りたいと言う事であれば、
PT募集か知り合いといくべきですな。ムービーなら割り切って後で宿屋で見れるけども。

そんなこんなで、カストルム・メリディアヌム。
よくわからないなりに、範囲攻撃をかまして進んでいく。
ff14_20.jpg
いきなり何故かシドが世紀末化。なんだか楽しそうである。

あと、敵が乗ってたんだけど、白い魔導アーマーもいいやね。こう言うカスタムも出来るといいなぁ。
ff14_21.jpg
帝国の(白いけど)紅一点のリウィアを(よくわからんうちに)倒して、いよいよ最終戦へ。

私は遂に学んだ。FCのメンバーにお願いしようと。ムービー見ながら進める為に!
アルテマウェポンのお手伝いをお願いいたします。と言う事で集まってもらいました。
アイテムそろえたりしたいはずなのに、優しいなぁ。
早速スタート。途中魔導アーマーに乗ってテンションが高まる。
これよこれ!しかし、8人乗ってるだけで強すぎないか?何?これ量産してるんやろ、帝国。
ビグザム量産したら勝てると言ってた人がいたんだけど、これ帝国勝てるやろ。使い切れんのか、帝国。

しかし、流石は帝国。最奥の前に強固な壁が。ここで魔導アーマーのフルパワーをぶつける。
以前もシドがやっていたが、フルパワーを撃てばこいつは動けなくなる。
ff14_24.jpg

それでもやるしかない。この為にこいつは存在していた!やったんぞー!!
ff14_25.jpg

最奥にたどり着いたら、遂にあいつが姿を現す。
3体の蛮神を倒し、力を取り込んだ究極の兵器。

アルテマウェポン!!!
ff14_26.jpg
でけぇ!並んだからわかるけど、デカイ。そりゃそうか、蛮神よりでかかった覚えあるもんなぁ。
まずは、蛮神の能力を使ってくる。なんだか懐かしい感じもする。
範囲攻撃をかいくぐり倒したと思ったら、眠ってる力を呼び覚ましてやろうとアルテマの封印を解きだす。

余計な事しやがって!
第2戦が始まり、不可視の攻撃やら、ビットによる攻撃やらをしてくる。
ダンジョンのボスの攻撃を覚えてたら、この辺似てるからやりやすいのかもしれないな。
それにしても、ビットでこの攻撃って、君はサイコガンダムMk2かね(リフレクタービット)
ビットの攻撃を避けつつ、邪魔なので潰しつつ、ちまちまとアルテマウェポンに攻撃。
その内に動きが止まり、アルテマ発射体制に。やっぱりあった、一撃死の攻撃!
撃たれたらアウト、全員でぶん殴る。もう回復もいらない。相手はノーガード戦法なのである。
タンクもヒーラーも、もちろんアタッカーも、全員の攻撃を与え続けた結果。

我々は勝ったのである。最後にようわからんおっさん相手にしたけど
世界の平和を守ったのだ。その後、中々長いスタッフロールやらを見て、FF14 2.0終了。
しかし、今は3.0。まだまだ続く。やってくぞー!
posted by V.Rain at 14:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

FF14 6

FF14、新生エオルゼアである2.0もいよいよ佳境。
今回は敵の前哨基地に潜入をするらしい。「暁の血盟」のメンバーを助けるのが潜入目的。
ただでさえ新しい話は緊張すると言うのにスニーキングですよ。
まずは敵の挨拶、そして敵の服を盗みます。どうやら敵になりきる模様。
ふむ。どうやらスネークのような事をするわけではないようで。
少しは気が楽かな。バレ無い様に振舞えばいいわけだ。
さて、準備は整った。いけるいける、私は帝国兵。下っ端でも帝国兵だ。
ff14_15.jpg
んー・・・。なんだろう。
バレるんちゃうかなぁ。流石に。しかも、チョコボ引き連れてさ。無理ちゃうかなー。

ff14_17.jpg

HAHAHA、余裕ですわ!
嘘やろ・・・。敵の部隊長の前までチョコボでいってたぞ!黒渦団のマークめっちゃついとんぞ!
あれか、実はようわかってないな、敵のマークとか。大丈夫か帝国!
そんなこんなで、割とさっくり救出完了。次はこの基地の最奥に行くことになるが、レベルが50らしい。
それならってことで、竜騎士の50クエストを先にやってしまう事に。

先輩竜騎士に、あーだーこーだ絡まれて、真の竜騎士の力を手に入れた模様(超適当)
ようやっと竜騎士っぽい格好に!それでは、before afterだ!
before
ff14_16.jpg

after
ff14_18.jpg

おー!なんだか竜騎士っぽいぞ!カラーといい、デザインといい、実に竜騎士だ!槍だけ残念だけどな!
さて、次は帝国との最終決戦に向かうとしましょう。やったんぞー!
posted by V.Rain at 18:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

FF14 5

相変らずFFです。エオルゼアしてます。
さて、今回は蛮神ガルーダ戦と、ゼーメル要塞。
とりあえず、Lv44で挑戦できるわけだが、45まで上げてクエストでスキルやらを取ってから挑戦する方向で。
そんなわけで竜騎士のクエストをこなしていきます。
先輩竜騎士からあれやれこれやれだの試練をこなして無事に竜槍スキルをゲット。そして装備もゲット。
ff14_13.jpg
如何ですかね?先輩。まだまだっすか。精進しなさいと。はい。

まずはゼーメル要塞。
中級車向けのギミックやらトラップやらが多くなるダンジョン。
初めて行くダンジョンについては、一通り予習はするものの正直完璧に覚えるなんてこと出来ないので、
1,2個だけポイントを覚える感じ。今回だと、紫エリアと釣りが重要なのですぐに突っ込まないの2点だけ。
タンクをやることになるなら、要点を変えるだろうけど竜騎士なんでこんなかんじ。
割とサクサク進んだものの、ボス戦でヒーラーさんが倒れたのでリベンジ。
惜しかったなぁ。

メインシナリオに戻って、蛮神最後の刺客ガルーダ戦。
見た目以上に声が若いシドが、I remember nowして到着。もっとおっさん声だと思ったよね。
今まで一撃死のフラグがあったけど、今回は少し違うタイプ。
一撃死しないようにオブジェクトを守る。抑えたポイントは、隠れることと羽根。
もうそれ以外は頭から抜けてた。やっぱ緊張するもの。ボスやもん。
それにしてもガルーダ、お前よう喋んなぁw 強者の余裕ってやつか!

ガルーダは、地面に表示されない範囲攻撃が多い。気づいたらダメージを食らってて焦る。
とりあえずアタッカーなのでやることは唯一つ。
全力でぶん殴るのみ!!
移動したら全体攻撃なので、岩のオブジェクトの裏に隠れる。やり過ごしたらまた殴る。
そのうち羽を飛ばしてくるが、直接こちらに飛ばしては来ない。
目的は岩のオブジェクトらしい。壊されたら隠れる所なくなるので、すぐ潰しにいく。
幸運なことに、黒魔道士がいたので範囲で潰せて大分楽。
その後も、特に危なげなく撃破。やー、ベテランの方ばかりだった。
とりあえず、メインの蛮神戦はここでおしまい。あとは・・・
ff14_14.jpg
甲冑組の敵登場。次からは君達かね。
そんなわけで、50までのクエストはあと少し。頑張ってやってきましょう。
posted by V.Rain at 12:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

FF14 4

気づいたらFF14も1ヶ月ほど、100時間くらいはやってる計算になります。早いもんだ。
そんな感じでLvは40。昔に比べて大分経験値がおいしいと聞くためか、
IDやらサブクエをガッツリやらずともここまで来れてる感じでしょうかね。昔は周回してたんだろうなぁと。

さて、あれからタイタン戦に行ってきました。
タイタン戦もイフリート同様、一撃死があるのでアタッカーとしてはそれを潰す事に全力を注ぐ。
後は噂でよく聞いてたやつ。

落ちる

深い意味はない。そのままの意味。バーチャで言うリングアウト。
強烈なノックバック攻撃を避け、狭くなるフィールドに注意する戦い。
文字にすると難しそうだが、まだまだ手数的には少ないので、とにかく落ち着いて対処することだそうな。

さて、そんな感じでスタート。
スッと挨拶を済ませて準備に入って、タンクがタゲを取りひたすら殴っていく。
被害も最小限に抑えて、一撃のフラグも意外とアッサリ。
こりゃ余裕かと思ったら、タンクの人のHPが見る見る無くなっていく。あれ?何でや?と思ったら

ヒーラーさんがいない

どうやらノックバック食らってた模様。いわゆる落下死。
流石にタンクも耐えられず倒れてやり直し。準備をしなおしてる所にヒーラーさんが一言。
sorry. guys.

おおう、まさか?!PTウィンドウでチェックしたら、この人だけ使用言語E!海外の人だったか!
そりゃ最初に挨拶の数が少ないわけだ。気がついてなかったけど
流石にどうしたもんか・・・とPTの空気が止まったように見えたので
np. try once more.とだけ答えておいた。(正しく通じるのか知らんけど)
それを合図に再スタート。次は無事にクリア
やー、初めて海外の人とPT組んだなぁ。これからはPTのチェックもするとしよう。

ちなみにBGMは聞いてる余裕無かったです。イントロのカッティングが格好良いくらいしか聞けてなかった。
posted by V.Rain at 12:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする